HOMEクラブハウス杯要綱

第21回 クラブハウス杯 飯塚レパーズ少年野球大会要綱

趣旨
本大会は、野球を通じて技術・体力の向上と親善融和を図り、青少年の健全育成に寄与することを目的とする。
主催
株式会社 GOLD SEA HOLDINGS(旧 株式会社 明治)
飯塚レパーズ[フレッシュリーグ九州硬式少年野球協会 九州北部地区連盟]
後援
飯塚市教育委員会
日程
平成29年12月 2日(土) 開会式、野球教室
     12月 3日(日) 試合1日目(1回戦)
     12月 9日(土) 試合2日目(準々決勝)
     12月10日(日) 試合3日目(準決勝、決勝)
     12月16日(土) 予備日、体験入部
開会式
平成29年12月2日(土) 筑豊緑地球場 9時〜
(各チーム8時30分までに受付を終了して下さい。)
(雨天の場合 筑豊緑地野球場屋根下:各チーム・監督、コーチ、選手5名参加)

会場
筑豊緑地公園野球場
庄内球場
金田球場
選手宣誓
前年優勝・庄内ジャガーズ 主将
審判員
公式審判員・飯塚レパーズ部員


参加チーム

1飯塚ファイヤーズ2飯塚ビーバーズ3稲築イーグルス
4頴田ライオンズ5嘉穂ダイヤモンズ6嘉麻レッドハーツ
7桂川スターキッズ8庄内ジャガーズ9立岩クラブ
10筑穂ヤングファイターズ11鯰田リトルキッズ12フェニックスベースボールクラブ
13二瀬スネーク14穂波ブルースカイ15穂波ベーブルース
16山田ツインズ


トーナメント表

トーナメント表PDFファイルダウンロード


通達事項

●球団旗、球団プラカードを必ず持参すること。
●ゴミ袋、バケツ(タバコの吸い殻入れ)を必ず持参すること。
●開会式典、父兄の応援マナーの徹底


大会細則

1 本大会は、平成29年度日本公認野球規則(全日本軟式野球規則・学童部)と大会特別規則及び運営規則による。
2 試合球は、全日本軟式野球連盟公認マルエスボールC球とする。
3 危険防止のため、打者・次打者・走者・コーチャーはヘルメットを着用し、捕手はマスク・レガース・プロテクター・ヘルメットを着用すること。
4 各チームは、試合予定時間の30分前に到着し本部に到着届け出をした後、メンバー表2部を本部に提出すること。
試合開始に間に合わなかった場合は棄権とする。
5 本大会の全試合は7回戦とする。
試合時間は準決勝までを各試合90分(85分を経過したら新しいイニングには入らない)とする。なお同点で、かつ時間内であれば延長戦を行う。
それでも決着がつかない場合は、エキストラゲーム(※1)を1回行う。それでも決着がつかない場合には抽選を行う。
なお準決勝戦、決勝戦は時間制限はなく7回終了時点で同点の場合には、エキストラゲームを決着がつくまで継続する。

※1)エキストラゲーム:ノーアウト満塁で開始。打者は前イニング最終打者の次打者。
6下記の事項の試合はコールドゲームが成立し、試合終了とする。
 1)5回以降、7点差以上の得点差がついた時。(ただし準決勝・決勝には適用しない)
 2)5回終了時以降、雨・日没で審判団が継続不可能と判断した時。なお5回終了時点で同点の
   場合は、抽選で決定する。
7投手の投球回数は10回までとする。ちなみに1球でも投げれば1回とみなす。
8試合中のベンチは、組み合わせ番号の若いチームを1塁側とする。
9試合中の審判員の判断に対する抗議は認めない。ただし、ルール等に関するアピールは、監督・主将のみとする。
10試合中のベンチ内での喫煙・飲酒等は禁止する。
11試合中の負傷・事故に関する応急処置は行うが、以降の処置は負うことが出来ないので、選手は必ずスポーツ保険に加入しておくこと。
12ファウルボールは各チームで処理すること。
 ・ライト線:1塁側
 ・レフト線:3塁側
 ・バックネット方向:攻撃側
13徹底事項
 1.プラカードと球団旗を忘れずに持参してください。
 2.駐車場は係員の指示に従ってください。
 3.弁当・空き缶・ゴミ・吸殻は、各チームで責任もって持ち帰ってください。
 4.相手チームに対するヤジ・個人攻撃は慎み、フェアな応援をしてください。


体験練習のご案内

体験練習会ご案内WORDファイルダウンロード
このページのトップへ